台風15号のつめ跡

10/26に行う「みどりアップ健康ウォーキング」。地下鉄下飯田駅から泉スポーツセンターまでを歩くコースを計画しました。途中、「古橋市民の森」「鯉ヶ久保ふれあいの樹林」「中田ふれあい樹林」「和泉の森ふれあい樹林」と森の中を通ります。

昨日コースの確認のために関係者で歩きました。
日曜日夜から月曜日の朝方にかけて通過した台風15号の影響は甚大なものでした。最初に行った「古橋市民の森」で出会った光景です。

小屋の屋根を倒木が直撃
ヒノキの倒木
遊歩道をふさいでます

小屋の屋根を倒木が直撃して、屋根をぶち抜いている光景。スギやヒノキが真ん中からぼっきりと折れて道をふさいでいる様。樹林を守る会の方々もがっくりと肩を落としていらっしゃいました。
「巨木の倒木は自分たちの手に負えない」と所管の公園緑地事務所に頼りながらも、少しづつ片づけていかなくてはと話していらっしゃいました。

次に向かった鯉ヶ久保ふれあいの樹林も、立入禁止のテープが張られていました。倒木が多く危険とのことです。
ヒノキの巨木が根こそぎやられていました。

ウォーキングまではまだひと月以上ありますが、復旧のほどが心配でもありました。

しかし今回の台風15号の破壊力はすさまじかったことを実感しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です