伊勢佐木町大会

6/16(日)は横浜・伊勢佐木町にて大会を開催しました。スタート&ゴールは横浜市大病院の正面にある「みなみ区民活動・多文化共生ラウンジ」で、初めての開催となりました。

大会はローカル・ルールに実施。問題は30問、得点は990点満点です。いつもの大会のほぼ倍の問題数、得点は5倍になります。

また、ハンディはなし、時間オーバーは即失格(参考記録扱い)で作戦タイムは30分。上の写真はその作戦タイムの様子です。みなさん真剣に考えられていますね(*^^*)

それもそのはず、今回のコースの特徴は問題数にあるのですから。

電柱の位置の推定にも時間ががかかりますが、それよりもその回り方、つまり回る順番の設定が重要なポイントになります。

30問もあると、さすがに90分では全部は回りきれないので、どのように回るかが競技としての勝敗を分けます。

距離もあり、高低差もある、高得点のポイントをいかにからめるかが面白いところだと思います。

体験クラスのKさんは9問正解で355得点、一般クラスのOさんは19問で432得点と好対照となっています。

(シニアのKさんも高ポイント狙い。惜しくも時間オーバーでドボンされました。これが落とし穴ですね)

初めての30問コースなのでみなさん戸惑いがあったようです。この方式が定着し慣れるともっと面白い結果が生まれそうです!