横浜市みどりアップ健康ウォーキング

 横浜市のみどりアップ計画って知ってますか?
 横浜市は大都市でありながら、市民生活の身近な場所に、多くの樹林地や農地などの多様な緑を有しています。これらの緑を次世代に引き継ぐため、「横浜市水と緑の基本計画」の重点的な取組として、2009(平成21)年度から「横浜みどり税」を財源の一部に活用した「横浜みどりアップ計画」を推進しています。

とまぁ、壮大な構想で事業を推進しています。

取り組みの柱は
●市民と共に次世代につなぐ森を育む
●市民が身近に農を感じる場を作る
●市民が実感できる緑を作る
というものです。

そしてその一環として、みどりアップ健康ウォーキングを実施しています。

その趣旨は、
1、ウォーキング参加者に、緑豊かな樹林地等において、自然環境など樹林地の魅力を伝える
2、気持ちよく体を動かし、市民の緑の保全に対する関心・理解を深め、あわせて樹林地帯等の利活用促進を図る
3、緑地等に生息する動植物の紹介、自然観察会を実施する等、ガイドの働きかけにより自然環境など緑地の魅力を伝える
ということ。

サーチウォーク協会は、横浜市レクリエーション連合と共に今年度から本格的にこの事業をサポートすることになりました。

今年度10月以降3回にわたり行われる、みどりアップ健康ウォーキングをサポートします。具体的には、 ウォーキングのコースを設定して、そのルート図を作成するというのがサーチウォーク協会の第一のミッション。
ということでどんなコースになるのかワクワクしています。

初回は、10月に泉区で のウォーキングからのスタートです。
”古橋市民の森”から”泉の森ふれあい樹林”までを想定しています。(ルートはあくまで計画中ということですが)
古橋市民の森では地元の『和泉の森を育む会』のメンバーの方達に、森の樹木や草草、生き物等のガイドをしていただく予定。楽しみですね。

ご期待ください。

詳細がわかり次第また案内をしたいと思っています。

2019年夏.納涼の会

 年に一度の真夏の祭典のBBQ大会ですが、今年はいつもの会場が改装中で使えず、趣向を変えて、”納涼の会”を催しました。
 場所は、本郷台駅ちかくにある高級マンション、”レディアントシティ”の5階にあるパーティルームです。

 美味しいお酒を前に、参加者の表情はニコニコ。。。いい表情をされています。
会員2名の方が、それぞれのファームで栽培をされた野菜、それも朝採りの新鮮ピチピチのものを持参いただきました。

 齢を重ねると、こうして友と飲む機会というのはは最高ですね(*^^*)

伊勢佐木町大会

6/16(日)は横浜・伊勢佐木町にて大会を開催しました。スタート&ゴールは横浜市大病院の正面にある「みなみ区民活動・多文化共生ラウンジ」で、初めての開催となりました。

大会はローカル・ルールに実施。問題は30問、得点は990点満点です。いつもの大会のほぼ倍の問題数、得点は5倍になります。

また、ハンディはなし、時間オーバーは即失格(参考記録扱い)で作戦タイムは30分。上の写真はその作戦タイムの様子です。みなさん真剣に考えられていますね(*^^*)

それもそのはず、今回のコースの特徴は問題数にあるのですから。

電柱の位置の推定にも時間ががかかりますが、それよりもその回り方、つまり回る順番の設定が重要なポイントになります。

30問もあると、さすがに90分では全部は回りきれないので、どのように回るかが競技としての勝敗を分けます。

距離もあり、高低差もある、高得点のポイントをいかにからめるかが面白いところだと思います。

体験クラスのKさんは9問正解で355得点、一般クラスのOさんは19問で432得点と好対照となっています。

(シニアのKさんも高ポイント狙い。惜しくも時間オーバーでドボンされました。これが落とし穴ですね)

初めての30問コースなのでみなさん戸惑いがあったようです。この方式が定着し慣れるともっと面白い結果が生まれそうです!